日華議員懇談会、パナマとの断交受け台湾支持を主張

0
16

日華議員懇談会(平沼赳夫会長)の衆議院議員・衛藤征士郎副会長は6月15日、東急ホテルで行われた同会の総会において、同会は「台湾支持」との旨を主張した。衛藤副会長は冒頭、台湾と国交を結んでいたパナマ共和国が13日に中国大陸と国交を樹立し、台湾との断交を発表した事に言及。「日本・パナマ 友好議員連盟」に加盟していたある議員が抗議し、離脱した事を伝え、国会議員の中でも、「パナマが台湾と断交した件に対し『けしからん』と思う議員が多数いる」と強く主張した。さらに、「現在世界、特にアジアの情勢が不透明であり、その中、日本と台湾の関係は極めてクリアである。今後日台関係を高めていくためにも、努力していきたい」と述べた。

衛藤征士郎副会長台湾支持を主張

また、同総会に出席していた台北駐日経済文化代表処(以下:代表処)の謝長廷代表は、「驕れる者久しからず」との日本語のことわざを用いて、「私個人の意見として、中国大陸がさまざまな手段を通して台湾の国際空間を圧迫し続ける事は、台湾国民の反感を買うばかりだ」と強調したほか、「一日も早く平和へ方向転換する事を期待し、駐日代表として全力あげて努力し、今後も日台は協力し合っていきたい」と述べた。

「驕れる者久しからず」と主張する謝長廷代表

同総会には代表処幹部ら23人が出席し、日華議員懇談会の議員らと交流を図った。鈴木克昌副幹事長は、熊本地震発生時、台湾がいち早く6000万円の義援金を寄付した事や災害発生時の助け合いについて触れ、「このような大変な時に気持ちを分かち合うことができる国は日本と台湾だけだ」と主張した。

同総会の様子

 

(2017/6/15)